持ち株会 サラリーマンの特権|ハッピーファミリー

目的・夢をみる若手サラリーマンのすすめ

社会人2年目のサラリーマンだから、生きていくだけで精一杯なんだよ。
給料日前は、お金がなくて、自由に遊べないし、飲み会にも参加できないよ。

でも、将来の家族のために、家を買うために、もっと自由に生きるために、
、、、
いつかはお金を貯めたい(軍資金を作りたい)と思っている方に贈ります。
将来の目的や目標に向かって、確実な一歩を歩むために、

真の自由を得るためには3つのことを意識しよう
を併せてお読みください。

企業の魅力を再発見!経営者・投資家の目線。

これを読んでいる方は、恐らくサラリーマンが多いでしょう。
なぜ、自分自身がお勤めの企業で働いているかを思い出して見てください。

大学3・4回生で、就職活動を始め、多くの企業を見て、感じて、そして比較して、その企業に入社したのです。

第一希望に受かった人も、そうでない人も、

自分が持っている最大限の知識や知恵、時間、人脈を使って、

その企業から内定を貰い、自分なりに納得して入社したのです!

だから、企業の魅力を感じたから、その企業で働いているのです。


今は平凡なサラリーマンであっても、企業に価値があれば
プライベートの融資を受けたり、企業の顧客と交渉できたりするのです。


もし、サラリーマンになって、お勤めの企業に魅力を感じているなら、
持ち株会に今すぐ入会すべきです!!

インサイダー取引にならず、自社株を持つことができるため、お勤めの企業の経営に興味を持ち、経営者・投資家の資質を身に付けることが出来るのです。

持ち株会の2つのメリット !お金持ちになれるチャンス。

一番のメリットは、自社の株を購入すれば、お勤めの企業から補助金や支援金が支給されることです(^^)
これは、まさに持ち株会があるサラリーマンにしかない特権!!

補助金や支援金は企業ごとで異なるが、大概は5%~10%であるでしょう!
例えば、毎月5万円購入すれば、10%だと5000円の株を貰うことが出来ます。

無料で価値のあるモノを貰うって、すごく貴重なことなんだよ(^.^)

だから、お勤めの企業が魅力であるのなら、必ず始めるべきなのです。
魅力の基準は福利厚生などサラリーマンのメリットを探すのではなく、事業内容、貸借対照表など経営者や投資家の目線で考えましょう!

2番目のメリットは、持ち株会で買う金額は給料から天引きされるため、知らず知らず倹約家になれることでしょう。

周りの人より低い手取りで1か月間を生活する。
すなわち、自ら貧乏な生活を望むことで、
収入と支出をシビアに管理する習慣が生まれ、
家計簿で目で見える管理をするかもしれません。
どれだけのお金が入って、出ていくのかという
お金の流れ(キャッシュフロー)を体系的に捉えることが出来ます。
そして、1年、2年と経つうちに株が勝手に増えて、自然にお金が貯まるわけです。

他にもメリットは、たくさんありますが、株式投資と重複するため、ここでは省略いたします。

持ち株会の2つのデメリット!投資は想定外を全力回避せよ。

最大のデメリットとしては、お勤めの企業が倒産もしくは上場廃止になって、企業価値が無くなることです。
もし、ご自身の金融資産が持ち株だけであれば、
労働収入、配当金がすべて無くなり、
経済的・精神的に大ダメージを与え、破滅すること間違いないでしょう。

しかし、事前に想定していれば、容易に回避できます。

株価が高くなったところで、一部売買して、元手を回収しておく。
その元手をお勤めの企業よりも安全な金融資産に変えるなど。
事前に対策を考え、実行していけば、最大のデメリットを解消できるのです。

2番目のデメリットは、株価の変動です。
突発的な出費で、どうしても購入価格よりも安い株価で売るときに発生します。
例えば、平均購入価格が2000円/株であり、平均売却価格が1800円/株であれば、200円/株の損が生じます。
しかし、事前に想定していれば、最低限必要な金額は手元に残しておき、
投資は余裕資金ができるまで行わないことを徹底できます。
これは、株式投資全般で言えることであり、
補助金や支援金がある持ち株会はさらに有利に進められます。

まとめ!

購入すればするほど、自社株を貰える仕組みである。持ち株会はデメリットを十分にカバーするだけの利点があり、焦らず、確実にお金を貯めたり、軍資金を作ったりできる仕組み。サラリーマン最大の特権であるに違いない。
あくまで投資は自己責任であるため、資産管理や長期投資を心がけましょう!
ぜひ、将来の目的のために小さな一歩を積み上げてください。

最後まで、読んでくださりありがとうございました(^^)