20代後半で転職して年収アップさせる方法

仕事への道

「もっと年収・待遇の良い会社に転職したい」と思っていませんか。
「これまでの仕事に縛られるのではなく、本来の自分を発揮したい」と思っていませんか。

私自身、20代後半で「年収アップ」したいと思い、転職活動を始めました。
転職活動を行うことで、たくさんのメリットを知ることができ、「始めてよかった」と感じています。

貴重な時間を使って少しでも高い報酬を得たい、努力に見合った年収を手にしたい、といった思いから転職活動をすることは素晴らしいと考えています。

しかし、転職して「こんなはずではなかった」のように落とし穴に引っかからないためにも、
事前にリスクも考慮して、より良い人生を歩んでいきましょう。

20代後半で転職して年収アップさせる方法

年収アップで500万円を超えるための事前準備 | 平均年収と給与体系

まずは、勤めている会社の平均年収や給与体系を見てみましょう。
たったこれだけの活動で、現職に対する金銭的な悩みが、生涯に渡って続きかがわかります。

私の場合、昨年度の年収は470万円だったのですが、平均年収が490万円であり、
この会社に残っていても、「年収の伸びしろ」がないと実感しました。
いくら労働時間を酷使しても、年収の上昇率が低いという現実を受け止め、
新たな行動をするきっかけになりました。
私の望みは、将来に渡って、給与を上昇させたい。
そのためには、優良な会社で市場から評価されるスキルを磨いていくことが大切だと感じました。

欲を言えば、基本給が高く、残業0時間で現職の年収と同等レベルを目指します。

実際に現職の平均年収の調べ方は、四季報や転職サイト、会社の規則集がおすすめです。

四季報の使い方を知って、転職をスムーズに進めよう

就職四季報を使うことによって、残業時間、離職率、有給消化率、平均年収を効率よく調べることができます。
社内でリサーチするのではなく、「企業の客観的情報をまとめた有名本」にアクセスすることができます。
また、損益計算書や貸借対照表などの財務諸表もわかるため、会社自体の優良度を知ることができます。
昨今の不景気により、会社選びには厳選する必要があると感じるので、一度見ることをおすすめします。

就職四季報2022年版 [ 東洋経済新報社 ]価格:2,090円
(2020/11/21 17:49時点)
感想(0件)

転職サイトの使い方を知って、転職をスムーズに進めよう

転職サイトを使うことによって、主に退職済の方の口コミを見ることができます。
私のおすすめは、ライトハウスであり、平均年収、残業時間、福利厚生、成長・働き方などの「口コミ」が
わかります。
ただし、「口コミ」が少ない場合は客観的な情報にならない可能性があるため、他の転職サイトも併用しよう。
他にも、転職会議OpenWorkキャリコネなどを複数利用すると、「こんなはずではなかった」という
落とし穴に引っ掛からないことができます。

会社の規則集の使い方を知って、転職をスムーズに進めよう

会社の規則集を使うことによって、正確な基本給・昇給アップなどを見ることができます。
一回の昇格・昇給でどれくらいアップするのかを理解することによって、その会社の実態を知ることができます。
ただし、残業時間がある場合や賞与がある場合によって、上振れすることもあるので、
どれくらい実際にもらえるかを把握しにくいデメリットがあります。
そのため、上記の方法も試していただきたいです。

以上より、転職活動をする前に、まずは勤めている会社の平均年収に満足するかをチェックすることを
強くおすすめします。
将来、満足できる年収になっていれば、転職活動は消極的で良いかも知れませんが、
満足できない場合は積極的に転職活動を行い、人的資本を高めることが重要です。
後悔のない人生になるよう自らの行動で変えていきましょう。

転職エージェントの活用で年収アップの仕方 | 3つの転職活動

もはや転職活動を始めない手はない

①質の高いアウトプットを身につけよう。

転職活動を行うことで、自分自身の職務経歴書履歴書を書くなかで、
人に自分のプロフィールを正確に伝えたり、強み・弱みを認識したり、
アウトプットする能力を身に付けることができます。

就職活動でも自己分析、面接で苦労した方が多いと思います。
自己紹介で何を話したらいいのかわからない社会人ってかっこ悪いですよね。
転職活動は、ほとんどお金をかけずに、自分自身の生き方を見つめ直す起爆剤になります。

②現職よりも相性の良い会社を見つけやすい。

現職(1社目)では、大学生から社会人といった社会的立場のギャップが生じていますが、
転職活動では、これまでの社会人経験を活かして、重視すべき項目をピックアップすることが
できます。
自分自身にとって、何を大切に仕事をするのかを見極める良い機会です。
私にとって、生涯に渡って年収アップできる仕事、より責任のある仕事、自らマネジメントできる仕事、
有給が取りやすい職場、家賃が安いエリア、人を差別しない職場などを大切にしています。
自分にとって、どのような軸で、転職活動を行っているかをしっかり持つことによって、
これからの人生をよくできます。

③市場から評価されるスキルや価値を知ることができる。

転職活動で、特に転職エージェントを活用することで、業界の実態を知ることができます。
今勤めている会社の全体像もわかっていないのに、今の仕事だけで完結するのに不安を感じます。
転職活動を行うことで、業界の案内人であるエージェントに市場価値を教えてもらったり、
採用者側から評価されるスキルや資格、経験を知ることによって、将来の年収アップに活かすことが
できます。

そのため、貴重な時間を使って、本当の意味で会社に求められる人財になるための
知識や行動を得るために、転職活動を始めない手はありません。

もはや転職エージェントを使わない手はない。

転職エージェントを活用することで、業界の常識を知ることができたり、
自らの要望を叶える求人を持ってきてくれたり、初めての面接のために、
対策する時間を設けてくれたり、満足できるサービスだと感じています。

職務経歴書も履歴書も一度作成してしまえば、代行して応募してくれるので、
忙しい社会人にとって、使わない手はありません。
そして、面接の日程調整や年収の交渉などをしてくれるので、精神的なストレスを
感じることがありません。

私がおすすめするのは、複数の転職エージェントを利用することで、
より自分に合った求人にアクセスする方法です。

①リクルートエージェント

圧倒的な求人数を持っているため、多くの方が利用しています。
どのような理由で転職活動しているか、希望する内容をエージェントに伝えるだけで、
希望に沿った求人を探してくれます。その中で、仕事内容・待遇が自分に合っているか
厳しくチェックすることで後悔のない転職ができます。

②マイナビエージェント

20代後半にとっての転職活動で苦労することは、面接対策です。
自己分析や転職理由など、自分と向き合うことが求められますが、
マイナビエージェントでは、面接対策のアドバイスを教えてくれます。
そのため、初めての転職活動の方には強くお勧めします。

③株式会社MS-Japan

経理・人事・総務といった管理部門の転職に強いサービスです。
上記のエージェントも使いながら、管理部門に特化した活動をすることで、
希望に沿った求人にアクセスすることができます。

弁護士・公認会計士・税理士の求人・転職なら【MS-Japan】

④株式会社ビズリーチ
⑤アクシスコンサルティング株式会社

理想の人生にするために、転職エージェントを活用して、賢く年収アップしていきましょう。

もはや会社に応募しない手はない。

複数の転職エージェントを活用することで、他の転職希望者よりも理想の人生を歩むことができます。
信頼できる転職エージェントから希望に沿った求人をもらい、
その求人が現職よりも良い求人であるか厳選することで、
市場から必要とされる人財になることが可能です。
また、同業他社や現職に関連する業界の仕事を知ることができ、全体像を知ることにも役立ちます。
そして、面接官は部長、社長といった会社の管理職が担当することが多く、
20代後半のサラリーマンにとって俯瞰的にキャリア形成する良い機会だと
感じています。

理想の生活をするために転職活動は有効打 | 貯蓄率と時間単価の上昇

私にとって、仕事とプライベートをバランスよく生活したいです。
そして、40歳までに4000万円を貯め、経済的な自由を手に入れたいです。
そのためには、いかにキャッシュフローを増やせるかが重要です。
生活費が月10万円だった場合、月収20万円なら貯蓄率は50%ですが、
月収30万円になるだけで貯蓄率は65%を超えます。

本業の年収アップを目指すということは、質の高い業務にシフトする行為であり、
必然と時間単価を上げることに繋がり、プライベートの時間を確保しやすくなります。

転職活動を始めてみて、質の高い業務をしたいという意識が生まれ、
現職の仕事内容にも刺激を得られるようになったと感じています。

最後まで、読んでくださりありがとうございました。