真の自由を得るためには3つのことを意識しよう

自由な人生

ハッピーファミリーのレオです。

なぜ、人は自由を求めるのでしょうか?

昔から、哲学者のルソーや教育者の福沢諭吉など、多くの人が自由について議論しています。

 

当然、自分もその中の一人であり、自由について日々研究しています。

生意気ながら、高校1年の「総合的な学習の時間」で、自由について持論を発表しました。

 

だから、私自身が哲学者と言われることがあるのでしょう(笑)

 

ここで、ブログの力を借りて、私が考える真の自由についてアウトプットしていきます。

題して、「真の自由を得るためには3つのことを意識しよう」。

 

精神的な自由について

当たり前すぎて、多くの人が議論しようとしないのが、「精神的な自由」です。

 

当たり前だからとか、前提だからと思って、無視したり、怠ったりしようかな~(*_*;

 

こんな風に考えていたら、、、

いくら環境に恵まれても、

人とのつながりに豊かさがあっても、

そして、あらゆることが優れていたり、勝っていたりしても、、、

 

真の自由になることはできません。

 

言い換えると、真の自由を得ることは精神的な自由を得ることだと言えます!!

それだけ、この「精神的な自由」は己と直結していて、大切なモノなのです。

 

 

では、この「精神的な自由」とは何でしょうか?

 

その心の応えは、己が自由だと感じられるか・感じられないかです。

つまり、己がワクワクして、次から次へと新しい刺激をもらい、

今を心の底から楽しみ、「自由」だと感じること!!

 

、、、(。´・ω・)?

 

そう、「自由」とは周りから与えらえるモノではなく、自分で創り、育むモノなのです。

 

だから、己が「ワクワク」・「ハッピー」・「自由」だと感じるものを大切に育むことが

真の「自由」になる近道だと感じます!

 

決して、無視することがあってはなりません。

なぜなら、無視し続けると無知になるからです。

 

無知とは、知恵がないこと(~_~;)

 

本来、己の「自由」を大切に育むことができるのに、、、

本来、己の「ワクワク」を大切に育むことができるのに、、、

本来、己の「ハッピー」を大切に育むことができるのに、、、

 

己のその権利を放棄し、もはや他人のモノにしてしまうのです。

 

こんな人になってしまうと、短期的なメリットを生み出す環境ばかり求めます。

月日が経ち、自分の都合が悪くなったらまた環境を探す。。。

 

手を替え品を替え、自分にもできる利益を追求していこうとします。

 

そして、最後は環境を変えようとしても、同じような環境で己が「自由」だと感じることが出来なくなるのです。

 

こんな人生は嫌だと想いませんか?( `ー´)ノ

 

ずっと、「ワクワク」・「ハッピー」・「自由」だと感じる人生であり続けたい!

 

欲を言えば、、、

「ワクワク」・「ハッピー」・「自由」と感じるハプニングが

複利で運用できたら嬉しい!

さらに、みんなとハッピーを分かち合う環境を創りたい!!

 

そのような感情や精神を持つことが真の自由を獲得するコツなのです。

 

時間的な自由について

なぜ、人は「時間」を求めるのでしょうか?

一日が48時間になれば、やりたいことができるとよく聞きます。

 

本当にそうでしょうか??

一日が48時間になったとしても、生まれてから死ぬまでの

人生のタイムリミットが同じなので、、、

半分の年齢で死ぬことになるだけです (笑)

 

仮に、今よりも人生のタイムリミットが増えたら、やりたいことが出来るでしょうか?

ちょっと、考えてみてください。

 

・・・

・・・

 

日本人の平均寿命は、

H13年(男性:78.07 女性:84.93)、H29年(男性:81.09 女性:87.26)

と推移しています。

 

つまり、この仮定は現実社会で適用されています。

これからも医療や介護が発展し、平均寿命は延びるでしょう。

 

しかし、残念ながら平均寿命が延びてもやりたいことが出来るか関係はありません。

なぜなら、寿命とは、生まれてから死ぬまでの時間だからです。

 

死んだら、やりたいことなんか出来ません!

 

大事なので、心を鬼にしてもう一度言います。

「死んだら、やりたいことなんか出来ません!!」

 

、、、(。´・ω・)?

 

やりたいことが出来るためには、

やりたいことが出来る環境を整え、

やりたいことをやる覚悟と実際にやってみることです!!

 

だから、時間が欲しいと思うだけではなにもやりたいことはできません。

いかにやりたいことが出来る時間を創り、準備をし、少しでいいから一歩ずつ行動してみること!

 

ここで大切なことは、

やりたいことで得るモノはありますが、

それに伴って失うモノもあります。

 

時間もお金も費やし、仲間からの信頼を裏切ることもあるでしょう。

自分の行動が変われば、相手の反応も変わります。

だから、これまで親しい人との関係が崩れることも、新しい人との関係を築くこともあるのです!!

 

だから、自分がしたいことや目指していることなど、本来の自分を見つめることが大切です。

そう、自分の何気ない行動の裏にも、自分の心情や思考が関係しているのです。

つまり、自分の心情や思考が行動として表れ、相手に影響力を持つのです。

 

ぜひ、普段の行動でもメリットとデメリットのバランスを考えて、

本当に自分がしたいことに時間を使ってください。

 

これこそが、「時間的な自由」につながります。

※平均寿命は関係ありませんが、自分がやりたいことが出来る身体や精神を育むことは大切です。

 

経済的な自由

経済的な自由とは、多くの人が「真の自由」になろうと取り組んでいる幻想のようなモノです!

 

お金自体の意味とは何でしょうか?

この問いが自分の価値に関与するので、ぜひとも考えてみましょうー!(^^)

、、、

、、、

、、、

 

私の考えは、極論お金に価値がありません。

、、、(。´・ω・)?

 

昔は、商品を金や銀といった同等な価値と交換していました。

そう、本来お金の価値とは、需要と供給で成り立っています。

万人が、欲しいと思う金や銀だから、商品と交換できました(^.^)

 

今のお金は、1万円・5千円・1千円などに価値がありますか?

、、、

、、、

、、、

1万円で食事できたり、靴も買ったり、レンタカーを借りたりもできますね。

だから、価値があるモノとは交換ができます。

おしゃれな場所でご飯を食べたい人も、

かっこいい靴を履きたい人も、

快適なクルマでドライブしたい人も、

いますよね(^^♪

つまり、価値があるモノには、需要があるのです。

 

 

では、お金自体に需要がありますか?

 

1万円札がサイズ(縦:76ミリ 横:160ミリ)の紙切れだったら、欲しい人はいないはずです!

 

偽造防止技術であるすかし、超細密画線、凹版印刷、マイクロ文字、特殊発光インキを使用しても、

私は要りません!!

そんなことよりもこんな技術を学べるのなら、欲しいです(笑)

 

だから、今の社会だとお金自体に価値はありません。

 

ロバート・キヨサキ著の「金持ち父さん 貧乏父さん」によると、

良貨が悪貨に置き換わっていることを示唆しています。

 

つまり、今のお金には本来持っていた価値がないのです!!

 

だから、お金は使って、初めて価値と交換できるのです(^.^)

 

 

ここで、とても大切な気付きがあります。

お金という無価値を追う人生ではなく、

その先にある価値あるモノを得るためにお金を稼ぎましょう。

 

今の世の中では、お金持ちが素晴らしいという風潮があります。

しかし、それはお金を使ってはじめて価値が生まれるのです。

 

だから、夢を持ち、目標を持ち、志を持ち、周りに還元させること。

(自分が本当にやりたいことは何でしょうか?)

・・・

・・・

・・・

私は、関わる全ての人がハッピーになるハッピーファミリーを創ること。

みんなが集うギャラリーを開き、みんなが多角的な視線になってもらうこと。

人の道を歩む冒険家であり、毎日が感動する人生になること。

 

ぜひとも、お金の幻想に惑わさない人生を送ってください!!

 

まとめと展開

時間や経済的な自由を得られないから、自由だと感じることができないではなく、

自分の行動・思考・心情などあらゆることの決断が、未来の自分を創っていく!!

ぜひとも、自分の人生をありったけ楽しみましょうー(^^♪