やりたいことを実行するなら、自分好みの環境に整えろ!

ハッピーな人生

ハッピーファミリーのレオです。

人は本気で望めば、『なんでもできる♪』と感じています。

 

お金がないから、、、

体力がないから、、、

人脈がないから、、、

と思っていませんか?

 

人はできない理由を正当化して、やりたいことをすり替えてしまう生き物です^^;

 

心の底からやりたいことができたとき、

今までの言い訳でできることを諦めていませんか?

 

でも、諦めきれない自分が、過去の自分を責めるのです。

なんで、あのとき、あの場所で、やらなかったのか(-_-;)

 

私も過去に何度もやらかしました(笑)

そして、何度も後悔しました(-_-;)

 

今振り返ると、自分の行為に責任持たないから、未来の自分が責めてくるのです!!

↑これが重要!

 

そんな体験は無いほうが良いに決まっています(笑)

 

では、どのようにすれば、やりたいことを実行できるのでしょうか?

 

当事者意識を持って、長期的にやりたいことを取り組めること。

 

題して、

「やりたいことを実行するなら、自分好みの環境に整えろ!」

①伝えたい「環境」の定義

環境で思いつくことはなんでしょうか?

、、、

、、、

、、、

環境問題で思いつくものといったら、

ごみ拾い、地球温暖化、オゾン層破壊

などの美化活動や地球全体を取り巻く問題であるかもしれません。

 

しかし、今回伝えたい「環境」とは自分自身に取り巻く環境を指します。

 

決して美化活動をないがしろにして良いと言う話ではありません(笑)

 

川にゴミが落ちていたり、道端に自転車が放棄されていたり、部屋に服や新聞が散らかっていたりするのも全て環境問題です。

部屋中が散らかって、安心して歩けなかった時、

これ以上汚くなったら歩けないぞ!(~_~;)

と感じます。

 

この感情が生まれることによって、部屋を整理整頓するのです(^.^)

 

整理とは、不要なものは捨て、要るものは残すこと!

整頓とは、整理されたものを整えること!

 

つまり、自分の感情が動くことによって、自分好みの環境に整えることができるのです(^^♪←全て感情ありき。

 

 

②誰のために環境を整えるのか?

相手から褒められるから、、、

相手にメリットがあるから、、、

と思い込んで行動するのではなく、

 

ある特定の相手にだけ、メリットがあると感じて行動することが大切です!!

※このブログは、将来の自分に贈るメッセージです。

 

極端に言うと、、、

特定の相手以外からは、愛されることはなく、

嫌われることも無視されることも有りうると覚悟して、

決断して行動しましょう!(*^_^*)

 

 

なぜそんなことを言うのか?

、、、

、、、

、、、

それは、人間とは利己的だからです(´▽`)

自分のメリットを感じなければ、一切動かないのです(笑)

 

頼まれごとをされて、引き受けるとき、

人間関係を良好にしたい!

周りから評価を受けたい!

頼まれたことをやって、スキルアップしたい!

など、、、

必ずやる理由・メリットがあるから、時間も労力も費やすのです。

 

 

言い換えると、やりたいことを見つけたときも、決断して行動します。

 

知り合いが、、、

友達が、、、

両親が、、、

新たなことを取り組めば、今までの関係に変化が生まれます。

この変化を受け入れるか受け入れないかでその人との関係性が変わってきます(>_<)

 

物事に挑戦したり、やりたいことを実現したりするときは、応援する仲間を作れば、人生が飛躍します。

 

サラリーマンにになりたければ、サラリーマンの話を聞き、

教師になりたければ、教師の話を聞いたら良いのです。

挑戦する内容で、すでに成功している方に近づいて、一歩ずつ行動するのが大切です。

 

③今の社会は、環境を作りやすい。

自分に取り巻く環境は、壮大です。

 

しかし、自分がちょっとしたアクションを起こすだけで、

「環境」をガラッと整えることができます。

 

インターネット社会を機に、目的をすでに叶えている方を見つけやすいからです(*^^*)

インターネットという一つのバーチャル窓口が世界とつながり、自分に都合が良い情報を受け取ることができます。

そして、小さな一歩を踏み出すことで、メンターの情報をもらったり、やり取りしたりできます。

 

ぜひとも、やりたいことができないと言い訳せず、

やりたいことが叶う理由を考えてみてください!!

そのために、どのようにすれば、自分に適した環境を作れるか考えましょう。

 

④まとめと展開

自分に取り巻く環境は、当事者意識を持って、整理整頓しましょう。

⑤おまけ

次回の投稿は、経済的な自由についてお話いたします!