2019年度の挑戦 | 「名乗りを上げろ!」

ハッピーファミリーのレオです。
新年号「令和」に変わる歴史に残る2019年度は、
まさに怜生にとって大切な1年であること間違いなし!!

新年度・新年号になった節目を大切にして、人生の設計や将来の目標・夢、自分の価値観等を見直して、今後の人生の在り方を語っていきましょう。
1年後に言い訳をしたくない自分がいるので、2019年度の挑戦について意思表明と行動結果を示していきます(*_*)

2019年度の挑戦「名乗りを上げろ!」

競争社会との関わり方

これまでの自分は、まさに勘違い野郎でした。
何を勘違いしていたか?
それは、「競争社会との関わり方」です。

恥ずかしいことに小学5年生からずっと勘違いしていました。


昔々、私が宇宙語を話していた頃、家庭内でゲームの奪い合いや部屋決めをするために、よく兄弟げんかをしていました。
スポーツ万能な兄(2つ上)と物理的なケンカをしても当然勝てるわけがなく、いつも負けていました。

ある時、私は悟ったのです。

「現時点では、物理的なケンカをしても、100%勝てることはできない。
そして、兄弟げんかをすることで、
美味しいごはんも、
楽しいテレビも、
リラックスできるお風呂も、
早く逃げてしまいたい、苦しい時間になってしまう。
だから、無駄なげんかをせずに、立場が上である相手に従い、
望ましい行動をしよう。」と。

⇒これ以降、ケンカすることを避け、奪い合いを止め、競争から逃げてきました。


そして、社会とは「競争社会」であり、就職活動、スポーツ、コンテスト等あらゆる場面で、他の人と比べ、優劣を付けている。

この社会の縮図が嫌いだから、
いつも競争から逃げて、相手が喜んでくれるコミュニティや組織を探し、あまり人と関わらず、自己研磨に励んでいると思い込んでいたのです。

これまでを振り返ると、いつもリーダーやメンバーなど、誰かのために顔色を伺うことをきっかけにして行動していました。

顔色を伺いすぎる悪い癖

何事もやりすぎは厳禁です。
・「自分のため」と「相手のため」が混乱する。
・「相手」が架空の人物になりやすい。
・「嫌われたくない」と思い、その場しのぎの言い訳をする。
・複数人の意向に沿えず、自己嫌悪になりやすい。
・心情が変わりやすく、別の意見や行動をしてしまう。
・八方美人だと捉えられることがある。
⇒自分の人生を他の人や環境に任せて、肝心な意思決定をしていないことを示しています。

挑戦社会であり、名乗りを上げろ!

そんなダメダメな私でも、孫正義さんの考え方を知って、人生50年計画に基づき、20代で「名乗りを上げろ!」を意識していきます。

これまで自分の行動や思考が他力本願であり、自らの力で結果を造り出していない事に気付きました。

この悪い癖をなくすために、自ら意思決定をして、自分のために行動していきます。

2019年度の挑戦は、逃げることなく、挑戦社会に取り組むこと。
主な目標は、ソフトバンクアカデミアに合格すること。
※ソフトバンクアカデミアとは、孫正義さんの後継者を育成する団体であり、経営や経済などのエキスパート集団です。

具体的な戦略・計画・実施内容等を下記に記載します。
【人生指針】:全力で見える化する人財である。
※裏も表もないすべての事象を透き通すことは素敵なこと。
【今年の目標】:挑戦社会「名乗りを上げろ!」

①ソフトバンクアカデミア合格
動機:今までの自分は挑戦をせず、この1年で変化するため。
教材:自己対話、孫正義さんの考え方を知る本など。
4月:自分のアピールポイント・セールスポイントを知る。
⇒人生指針「全力で見える化する人財」を示す。
〇:達成。
5月:求める人物像を考える。
⇒挑戦すること・革命的なリーダーであること。
※等身大で2019年度の挑戦を示す。
〇:達成
6月:孫正義さん関連の本を読む。
⇒「孫氏の兵法がわかる本」(著者:守屋洋)を読破。
※「戦わずして勝つ」を意識して行動する。
〇:達成
7月:孫正義さん関連の本を読む。
8月:孫正義さん関連の本を読む。
9月:セールス構成を考える。
10月:セールス構成を考える。
11月:ソフトバンクアカデミア応募
12月:ソフトバンクアカデミア応募
1月:1次審査・書類審査
2月:2次審査・5分間プレゼン
3月:最終審査・5分間プレゼン

②学んだことや感じたことなどをブログ発信(月3記事以上)
動機:アウトプットできれば、相乗効果あって、より理解できるため。
教材:本、日常生活、セミナー、実体験など
4月:新規記事(+3記事)
⇒当記事「2019年度の挑戦「名乗りを上げろ!」」
×:未達成
5月:新規記事(+3記事)
6月:新規記事(+3記事)
7月:新規記事(+3記事)
8月:新規記事(+3記事)
9月:新規記事(+3記事)
10月:新規記事(+3記事)
11月:新規記事(+3記事)
12月:新規記事(+3記事)
1月:新規記事(+3記事)
2月:新規記事(+3記事)
3月:新規記事(+3記事)

③2020年2月に海外旅行に行き、多くの外国人と友達になる。
動機:グローバル社会に飛び出て、今以上に楽しい人生を送るため。
教材:「海外旅行が100倍楽しくなる!世界中使える旅行英会話大特訓」(著者:柴山かつの)
4月:第1章 まずはこれだけ編
〇:達成。
5月:第2章 畿内・空港編
〇:達成。
6月:第3章 ホテル編
〇:達成。
平日の朝に活動していることが習慣になり、早く海外に行きたい衝動(笑)。
万全に準備することで、大きなチャンスにつながると信じる。事前に、日本に訪れている外国人と交流することもありかも(^^)
7月:第4章 飲食編
8月:第1章~第4章(復讐)
9月:第5章 買い物編
10月:第6章 交通・観光編
11月:第7章 トラブル編
12月:第8章 スモールトーク編
1月:第5章~第8章(復讐)
2月:海外旅行(フィリピン or マレーシア)
3月:総括


④G検定に合格し、ディープラーニングの活用方法を知る。
動機:ディープラーニングはシンギュラリティ(技術的特異点)になる存在であり、今後の社会に必要不可欠だから。
教材:日本ディープラーニング協会監修「ディープラーニングG検定公式テキスト」
4月~5月:教材読破
6月~7/8:G検定対策
7/8:G検定 当日
7/8~7月:G検定 総括
8月~3月:ビジネスへの活用方法を知る。

⑤お金の流れを読むために、財務諸表を作成する。継続的に資産形成を行う。
動機:資産をつくる人生にしたいため。
4月:財務諸表作成+積立「持ち株会・海外」+リテラシー強化
〇:達成
5月:財務諸表作成+積立「持ち株会・海外」+リテラシー強化
〇:達成
6月:財務諸表作成+積立「持ち株会・海外」+リテラシー強化
〇:達成
7月:財務諸表作成+積立「持ち株会・海外」+リテラシー強化
8月:財務諸表作成+積立「持ち株会・海外」+リテラシー強化
9月:財務諸表作成+積立「持ち株会・海外」+リテラシー強化
10月:財務諸表作成+積立「持ち株会・海外」+リテラシー強化
11月:財務諸表作成+積立「持ち株会・海外」+リテラシー強化
12月:財務諸表作成+積立「持ち株会・海外」+リテラシー強化
1月:財務諸表作成+積立「持ち株会・海外」+リテラシー強化
2月:財務諸表作成+積立「持ち株会・海外」+リテラシー強化
3月:財務諸表作成+積立「持ち株会・海外」+リテラシー強化+現金100万円

この一年は、とことん結果を求めて行動していきます。
2019年度の挑戦「名乗りを上げろ!」を意識して、PDACサイクルを回していきます。