境涯革命のために稼ぐ | 浜口直太さんによる教え

ハッピーファミリーのレオです。
誰もが、これからの生活はその人にとって、より人間らしく素晴らしくなると信じています。

なぜなら、この世の中は因果の法則で成り立っているからです。
※因果の法則は詳しく「感情に負けるな | トレードとメンタルの関係性」に記載しましたので、ご参照ください。

今回のお話は、著者浜口直太さんによる「稼ぐ力50のルール」を読んだ内容を参考にして、自分なりに再構築し、アウトプットしていきます。

浜口直太さんに興味がある方は「浜口直太オフィシャルブログ」をご参照下さい。

境涯革命のために稼ぐ | 浜口直太さんによる教え

境涯革命とは人間性をどんどん高めること。

人間は、あらゆる立場でその人らしく行動します。
そして、「お金」というツールを使い、結果を飛躍させるのです。

境涯革命の着眼すべき点は、その人の「人間性」です。

人間性とは、人間らしさを指し、人それぞれで違ってきます。

草食系男子・肉食系男子と言われるように、、、
人それぞれで様々な考え方や思考、姿勢等を身に付けています。

また、その人があらゆる場面で一様な考え方や姿勢を取ることは稀であり、
あらゆる場面で今の自分に最も都合が良いこたえを出します。
例えば、仕事では積極的でも、恋愛では消極的なことがあります。

もし、自分が結果に満足できないのなら、過去に振舞った行為に目を向け、どのような思考で行ったか振り返ってみましょう!

そして、
私は何のために生きているのか?
誰のために働いているのか?等
を真剣に悩み、自分らしい小さな一歩を確実に歩き出しましょう。

是非とも、人間が創り出した「お金」を正しく使い、
世のために、人のために喜ばれる行為を願っています。

感謝の心を持って、行動すること。

改めて、感謝の心を持つことが大切だと実感しました。

大学時代では、日ごろから募金活動をしたり、笑顔を絶やさなかったりしていました。

しかし、サラリーマンになって、毎日働くことが習慣になってしまい、いつの間にか、感謝の心が薄くなっていたのかもしれません(>_<)


①私が仕事をすることによって、対価として、勤労所得を頂きます。
これは、数多くの人材がいる中から、私と会社で雇用契約を結ぶ前提があります。つまり、今働いている会社とはご縁で紡がれている関係です。

②給与を頂く際に、感謝の心を持てば、必然にお金のありがたみを知ります。
私が汗水たらして働いた時間をしっかりと管理してくださる人もいれば、資金を調達してくださる人もいて、はじめてお金を受け取ることが出来ます。

③頂いたお金を大切に使おうとします。
お金はすべて私が稼ぐわけではないのです。だから、お金の使い方を他の人から見られても恥ずかしくないように、余計なものにお金を使うことをしなくなります。

④頂いたお金の中で、しっかりとお金をコントロールする。
大切にしたい商品やサービス、人にお金を使います。お金を支払う時も大切な商品・サービスを作ってくれた人や支えてくれた人に「ありがとう」という気持ちを伝えます。なぜなら、その人や会社がいなかったら、その大切にしたい商品やサービスは世の中にないからです。

つまり、お金を受け取るときも支払うときも感謝の心を持つことが、世のために、人のために喜ばれる指針なのです。

だから、常に世のために、人のために喜ばれることをすれば、
良好な人間関係を築くことができ、金運のいい人にもなります。

是非とも、日ごろから感謝の心を持ち、行動をしていきましょう。
そして、身の回りに感謝の心を持った素敵な方がいれば、境涯革命を起こすことがワクワクします。

高い志を立てて、マネジメントすること。

高い志を立てることは、世界のどこからでも見渡せる旗を掲げることです。

世界中に高い志や目標を持った人が数多くいます。

世のために、人のために、幾つもの困難を乗り越えて、挑戦し続けている世界的なビジネスオーナーや投資家であるビル・ゲイツ氏、ウォーレン・バフェット氏、スティーブ・ジョブズ氏、孫正義氏等々。

重要なことは、成功するまで努力し続け、継続的に稼ぎ続けることです。

そのためには、高い志に基づいた強い心(ハート)で動き、稼ぐと決めること。また、緻密な計算を立て、より多くの人を巻き込む仕組みを作ることが大切です。


高い志を持てば、核心となる事業や仕事を定め、絶対に稼ぐと決めます。
ここでは、幅広い事業や仕事に手を伸ばさず、いまからその道の専門家になると考える必要があります。

稼ぐことを決めたら、やるべき具体的なことをリスト化し、一つずつ確実に行います。
強い心で動くことが出来るため、ハングリー精神のように積極的にリスクを取り、新しいことに挑戦し続けます。
このハングリー精神は、人を蹴落としてでも上に登ることではなく、
「逞しさ」であり、「謙虚さ」です。
逞しさとは、意志が強く、失敗から逃げず、ハートやアイデア、知恵、味方等で乗り越える力です。
謙虚さとは、感謝の心を持ち、何事からも勉強する力です。

決して、今の現状で悩んだり、恨んだりして、時間を浪費してしまうことはありません。

私は、2019年度「挑戦社会」を意識して、あらゆる行動をしていきます。
2019年度の挑戦「名乗りを上げろ!」を記載しましたので、ご参照ください。

是非とも、世のために、人のために、高い志を立てましょう!
そして、ハングリー精神を持って、境涯革命を起こしましょう!

まとめ・所感

著者浜口直太さんによる「稼ぐ力50のルール」を読み、特に「感謝の心」を持つ大切さに気付きました。サラリーマンの立場だと見落としがちなありがたみに目を向けることができ、大切な習慣を取り返した感じがしました。
また、境涯革命のために稼ぐ根源はその人の「人間性」だと感じました。私がどのような志を持ち、いかに強い心で確実に行動するかが肝心だとわかりました。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。