海外のFX業者で賢く負けずに資産形成しよう。

自由な人生

ハッピーファミリーのレオです。

 

突然ですが、

海外のFX業者よりも国内のFX業者が安全だと思っていませんか」?

 

なんとなくCMに流れているから、、、

なんとなく知り合いが使っているから、、、

という、漠然な理由で大切な資金を預けるFX業者を選んでいませんか?

 

今回は、FXをする人がよく見落としてしまう

レバレッジや証拠金維持率、必要証拠金などについて学んでいきます。

 

題して、

海外のFX業者で賢く負けずに資産形成しよう。

 

レバレッジとはてこの意味である!!

中学校で習った「てこの原理=支点、力点、作用点」のような感覚です。

100㎏の物体を動かすのにわずか5㎏でも動かすことが出来ることです。

 

つまり、てことは大きなもの(金額)を小さな力(金額)で動かすことが出来る。

だから、取引金額が多くても、レバレッジを用いることで、

少ない自己資金でFXを始められます。

 

そのため、少額から始められるFXが人気になりつつあります。

しかし、少額で大きな取引金額で注文を出してしまえば、

FXでは自己資金がすぐになくなり、ギャンブル性が高いものになります。

 

そこで、ファイナンシャルリテラシー(お金の知識)を身に付けて、

賢く安全に資産を形成していきましょう(^^♪

 

ここで、質問です。

「株とFXはどちらが安全に運用できるでしょうか」?

 

私の答えは、間違いなくFXです。

なぜなら、FXは各通貨の強弱を表したものだからです。

通貨は各国が保証しているものであるため、その国が崩壊しない限り、

通貨自体は必ず存在するからです。

一方、株式投資は、会社が発行するものであるため、その会社が破産すれば、

一瞬で資産が紙くずになってしまいます。

 

何気ない行動や日常、噂話に疑問を持ち、事実に基づいて、

どのような原理原則があるかを調べてみましょう~!!

 

国内のFX業者と海外のFX業者の違いは、レバレッジ規制だ!!

自己資金が少なくても、レバレッジを利かせることで、

取引金額を増やし、損益も増やせます。

しかし、レバレッジは諸刃の剣で、コントロールを誤ると、

大切な自己資金をほとんど失うことになります。

 

そして、多くの日本人が自己資金を失い、借金をしてしまった背景があり、

日本の金融庁は、国内のFX業者に対して、レバレッジ規制を行いました。

国内のFX業者ではレバレッジの最大が25倍です。

海外のFX業者(XM)ではレバレッジの最大が888倍です。

 

FXで負ける多くの人は、高いリターンを求めて、できる限り最大取引金額まで近づけます。そして、少しだけの値動きで大切な自己資金をほとんど失うこと(強制決済)になります。

 

強制決済にならず、賢く安全に資産形成を行う方法

日本国内のFX業者と海外のFX業者で

同じ金額を取引した場合を考えると

圧倒的に海外のFX業者が優れています。

 

例えば、A.国内のFX業者とB.海外のFX業者に資金10万円を入れて、

取引していきます。最大取引金額はそれぞれ

A.国内のFX業者なら250万円。

B.海外のFX業者なら8880万円。

 

①取引金額が10万円の場合、

A.証拠金維持率は、(250万円/10万円)×100%=2500%

 必要証拠金は、10万円/25倍=0.4万円

 レバレッジは、10万円/10万円=1倍

B.証拠金維持率は、(8880万円/10万円)×100%=88800%

 必要証拠金は、10万円/888倍=0.0113万円

 レバレッジは、10万円/10万円=1倍

⇒レバレッジが1倍とは、自己資金と取引金額が同じ。

 必要証拠金とは、取引を保有するのに必要な金額。

 証拠金維持率とは、純資産を必要証拠金で割った金額。

 

取引金額が50万円の場合、

A.証拠金維持率は、(250万円/50万円)×100%=500%

 必要証拠金は、50万円/25倍=2万円

 レバレッジは、50万円/10万円=5倍

B.証拠金維持率は、(8880万円/50万円)×100%=17760%

 必要証拠金は、50万円/888倍=0.0563万円

 レバレッジは、50万円/10万円=5倍

 

③取引金額が100万円の場合、

A.証拠金維持率は、(250万円/100万円)×100%=250%

 必要証拠金は、100万円/25倍=4万円

 レバレッジは、100万円/10万円=10倍

B.証拠金維持率は、(8880万円/100万円)×100%=8880%

 必要証拠金は、100万円/888倍=0.113万円

 レバレッジは、100万円/10万円=10倍

 

④取引金額が150万円の場合、

A.証拠金維持率は、(250万円/150万円)×100%=166%

 必要証拠金は、150万円/25倍=6万円

 レバレッジは、150万円/10万円=15倍

B.証拠金維持率は、(8880万円/150万円)×100%=5920%

 必要証拠金は、150万円/888倍=0.169万円

 レバレッジは、150万円/10万円=15倍

 

⑤取引金額が200万円の場合、

A.証拠金維持率は、(250万円/200万円)×100%=125%

 必要証拠金は、200万円/25倍=8万円

 レバレッジは、200万円/10万円=20倍

B.証拠金維持率は、(8880万円/200万円)×100%=4440%

 必要証拠金は、200万円/888倍=0.225万円

 レバレッジは、200万円/10万円=20倍

 

①~⑤を見て、国内のFX業者と海外のFX業者の違いは、

証拠金維持率と必要証拠金が違います(´▽`)

 

証拠金維持率と必要証拠金の情報が、大切な自己資金を守ってくれます!!

証拠金維持率を100%を下回ることは取引を保有するのに

必要な金額が足りていないため、強制決済が間近であることを示します。

 

強制決済になる条件は、各FX業者によりますが、

 ・証拠金維持率 ≲ 50%

 ・必要証拠金  ≲ 純資産÷2

と表すことが出来ます。

 

⑤取引金額が200万円の場合、国内の必要証拠金は

8万円であるのに対して、海外は0.225万円です。

 

価格の値動きがあり、証拠金維持率100%を下回ってしまう含み損の金額は、

A.10万円ー8万円=2万円

B.10万円ー0.225万円=9.775万円

です。だから、同じ取引金額でも、強制決済になるタイミングが異なります。

 

例えば、USAを100.000円で2万通貨(2ロット)買った場合、

証拠金維持率100%を下回らない許容できる値動きは、、、

A.100.000ー(2万円÷2万通貨)=99.000円

B.100.000ー(9.775万円÷2万通貨)=95.113円

です。

 

まとめと展開

FXはギャンブルではなく、賢く安全に資産を形成できる一面を持つ。

そのためには、どのようにレバレッジと向き合い、自分にとって理想とする

資産管理・心理状態・手法などを探し求める必要がある。

今回の学びは、同じ取引金額なのに、許容リスクが明らかに違うことを

明確にできたことだ。

 

今後とも、海外のFX業者を使って、ファイナンシャルリテラシーを

身に付けていこう(*^^)v

 

海外のFX業者であるXMは、日本国内のFX業者にないサービスが充実している!例えば、自己資金をXMに入れるだけで、ボーナスとして証拠金を上乗せしてくれる。

 

もし、この文章を読んで、何か熱い想いがこみ上げてくださったら、幸いです。気軽に資産形成・人生哲学などについて興味がある方は連絡ください。