神田昌典著作 未来から選ばれる働き方 | 本からの学び

ハッピーファミリーのレオです。
神田昌典さんの本「未来から選ばれる働き方」を読み、気づいた点や感じた点、学んだ点を書いていきます。
神田昌典さんの講演会に行った際に、すごく活躍されている方であり、魅力的な方だったので、ぜひ一度講演会に足を運ぶことをお勧めします。
私が参加した講演会の内容を下記に載せておきます。
神田昌典 先生の「2022」|全国縦断公演ツアー2019

神田昌典著作 未来から選ばれる働き方 | 本からの学び

無くなって最も困るものは何か?

私たちが生きている中で、誰でも無くなって困るものは存在します。
私にとって、この質問はまさに質の高い発問でした。
家族、
時間、
お金、
環境、
自分、
自由、、、
私は人とは何かと刺激し合い、励まし合いながら、人間らしく生きるのだと考えています。

神田昌典さんは、「なくなったこと自体に気付けないもの」だと述べています。

私は過去と未来が交差する今という瞬間に、
何を考え、何を感じ、どのようにありたいかを
知ることが大切だな~と思いました。

私にとって「なくなって最も困るもの」を考えると、
「私という存在」だと想います。
私が人間としてこの世の中に生まれたのも何かを縁であります。
そして、これまで多くの方々とお会い、様々な体験や経験を持つことで、
はじめて私が映える!!と感じています。
さらに、将来をどのように描くかというポテンシャルによって、
私の在り方が定まるのです。
今後も、この発問に応えながら、未来から選ばれる働き方をしていきます。

私とは唯一無二の存在なんだ

多くの力を貰っている今の私であるが、
ふと不安に思ったことがある。
それは「私という存在が他の人やものと代用されること」があるのだろうか?
これからの時代では、AIロボットの研究や普及が進み、人間より優秀なロボットが出てきてもおかしくない。現時点でも特定の範囲を学習したロボットが並みの人間より優れている場合は存在する。

私という存在が代用されてしまうのは、だれの責任だろうか?

変化を乗り越える力を持つ人材になろう。

最後まで、読んでくださり、ありがとうございました。
私のメンターである神田昌典さんは未来を見通して、あなたらしい生き方を応援して下さる方です。
興味があれば、本を読んだり、講演会に行ったりすることをお勧めします。
未来から選ばれる働き方 「会社がなくなる時代」のキャリア革命 (PHPビジネス新書) [電子書籍版]